08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

電子ドラムの配置

2012-01-30
以前年末に

買うか買うまいか悩んでいたコレ

415e4VXGOzL__SL500_AA300_.jpg
結局買いました(*´艸`*)





ドラム叩き始めた的なことは
ちょくちょく書いていたので
今更書くようなことでもないんですけどね(・∀・`*)






しばらくの間 生ドラム
この電子ドラムを叩いてみて思ったことなのですが

今回購入した この電子ドラム(DD501j)
初心者用と言われてる理由がなんとなくわかりました(・∀・`*)






配置音色感触が生ドラムと全然違っています(*´艸`*)

ぶっちゃけ この電子ドラムだけを叩いてたら
生ドラム叩けなくなるレベル




それほどまでに違います(*´艸`*)





わりと致命的欠陥があるこの電子ドラム



とは言っても

元々電子ドラムの音には限界があるので
音に関しては充分合格だと思ってます


同じく感触もある程度以上のものでないと
生ドラムに近いものはないので 初心者用としては
感触も充分合格ではないかと思っています











ただ1つどうしても問題なのが







配置ですね


これだけは許せないレベルで致命的です。:゚(。ノω\。)゚・。


DD501j(1).jpg

①ライド
②ハイタム(タムタム)
③スネア
④ハイハットペダル ←(名前間違ってたらすません。)

とりあえず致命的と感じた場所はこの4つと
ハイハットペダルの上についているハイハットというシンバル


計5つの配置が致命的と感じました。:゚(。ノω\。)゚・。


一応わかりやすいように
ライド→右上のシンバル
ハイタム→奥の太鼓
スネア→手前の太鼓
ハイハットペダル→左足の奴
ハイハット→左のシンバル

と呼ぶことにします(*´艸`*)




まず右上のシンバルですが
位置が高すぎる上に↓に移動させることもできないのです。:゚(。ノω\。)゚・。



次に奥の太鼓ですが
手前の太鼓近すぎる

左足の奴と左のシンバル近すぎる




しかも 演奏者からみて左から順番に
左足の奴手前の太鼓奥の太鼓と並ばせたいのに
奥の太鼓が←に突き出てて
手前の太鼓より←側に来てしまう始末









まとめると


私の中での理想の配置
理想




しかし現実はこんな感じ
現実


密集しすぎヽ(`Д´#)ノ




私の設置が悪いだけかもしれないんですが
どーやって設置しても奥の太鼓手前の太鼓の位置をこれ以上離せなかったんです

設置するための支えが短すぎる。:゚(。ノω\。)゚・。






ということもあり
DD501Jを購入した人の設置画像参考動画でも探そうと思いましたが

私の検索能力が低いのかDD501Jを使う人が少ないのか
参考になるようなものを探せませんでした。:゚(。ノω\。)゚・。





話題は変わるのですが

いろいろ探している間に
私がDD501Jを購入した「価格.com」というサイトで
価格の推移というものがあり、気になったので見てみたのですが



2012y01m29d_110449715.jpg

私が購入したのは2012年の1月上旬でした
その頃は31500円だったんですが今だと同じ商品で46000円

滑りこみセーフで安く買えました(つД≦。)
判断があと1週間遅れていたら無駄に1万5000円飛んでたと考えると怖いものです

ちなみにAmazonでも調べてみたんですが
Amazonにいたっては売り切れている状況。:゚(。ノω\。)゚・。







実をいうと
電子ドラムというのは10万~20万は当たり前だったりするんです



確かに 配置に不満はありますが
これよりいいドラムになると やはり10万とヵ余裕で飛ぶので
値段の割に十分な機能の電子ドラムだと思います(*´艸`*)









不満があるのは配置くらいなので
ホームセンターとヵ行ってラックを自作すれば問題ない話でもありますしね(*´艸`*)

どっかの工場で溶接したりするのが理想なんですが
そこまでの行動力はないです・・・(・∀・`*)
(↑楽器屋でラックを買ってくるという発想がない)






そんなドラム紹介でした(*´艸`*)

では今日はこの辺で( -ω-)ノ
メイポ以外 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。